16
2017

CBR600の不具合を診断

CATEGORY日記



お客様からお預かりのバイクのテスト走行に行きました。



171015-1.jpg




この型のCBRは他の年式に比べ高圧の窒素ガスが入っているとのこと。

それをチェックしたところ、本来21キロ必要なところが

たったのキロしか入っていなかったそうです。 (((((・・;)



高圧だから余計に抜けやすいみたいですね。




171015-2.jpg






実はこれ スクール参加時に担当の永野インストが試乗したところ、

ハンドリングに異常を発見!


「ミナキさん、ちょっとこれ違和感があるんですけど、乗ってもらえませんか。」


ということでミナキが乗った途端、


「これは要チェックだな!」 と。





そんなわけでお預かりしたCBRくん、ミナキにいろんな箇所をチェックしてもらって

リアサスのガス圧不足が判明したんです。

窒素ガスをお腹いっぱい入れてもらい

フロントフォークの方も油面チェック&ステムベアリング交換を行なったところで

ミナキがサーキットに持ち込み直々テスト走行しましたら


「ん~、良くなったけど まだ完全では.....」 (-""-;) 




現地で更にチェックしていると

ステアリングダンバーの不具合も見つかり

これを外してみるとすべて解消!


バッチリ普通に走るようになりましたー! ♪ヽ(´▽`)/  よかった よかった


これで安心して走れますよ♡




スクールでの<試乗メニュー>が役に立って本当に良かったですね~♪









1 Comments

白くま  

こういう記事を読むたびに、自分自身の不明を反省します。

2017/10/16 (Mon) 17:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment